婦人

帽子を被れば大丈夫|抗がん剤の副作用に悩んでいるなら

薬で毛根がダメージ

レディ

抗がん剤治療中に帽子が必要になるのは、毛根が薬によってダメージを受け脱毛が始まるからです。自分の姿を見て男女を問わず落ち込んでしまうことが多いのですが、帽子をかぶると髪の毛のことが気にならなくなるので気持ちが楽になります。また頭皮を守ったり、体調管理の為にも帽子は必要です。

ガンによる抜け毛対策に

帽子

抗がん剤治療による抜け毛対策には、帽子を利用する方法があります。価格帯では安くて数百円のものがあり、自分のしっくりくる製品なら3000円もあれば十分購入可能です。購入には、前もって頭囲の大きさを測っておくことが大切で、試着を行いながら購入するようにしましょう。通販は返品可能かどうか確認も大切です。

精神的に楽になります

女の人

抗がん剤治療では髪が抜けてしまうことがあります。髪が抜けてしまうのは辛いもので、なかにはショックで外出することができなくなってしまう方もいます。そのような方におすすめなのが医療用帽子です。医療用帽子は使用感はもちろんのことファッション性も加味されているので、気分をリフレッシュするのに役立ちます。

大切な頭皮を守るために

ウーマン

普通の商品とは違う

がんを発症する人は年々増加しています。がんの治療を進めていく上で通るのが、抗がん剤治療です。抗がん剤治療は、体にさまざまな不調を起こすことがあります。脱毛もそのひとつです。抗がん剤投与後2〜3週間以内に脱毛の症状が起こることが多いです。そのような症状が起こった患者が利用するのが、医療用の帽子です。医療用帽子の特徴は、包帯のような感覚で頭皮を包み、見た目だけでなく、痛さやかゆさ、衝撃から守ってくれるというところです。抗がん剤治療を受けている体は敏感肌になっていることもあり、チクチクとした痛みが出ることがあります。就寝中も痛みやかゆみで掻いてしまい、跡が残ってしまうこともあります。そのような状態を回避したり緩和させることができるのが医療用帽子で、それにより良い眠りを得ることもできます。医療用帽子を贈り物として購入したい、という人もいるでしょう。まずは医療用帽子が普通の帽子とは違うという認識を持ちましょう。選び方としては、医療用帽子として販売され、肌触りの優しい生地かどうかをチェックしましょう。オーガニックコットンを使用している商品であると安心です。また、帽子専用の縫製工場で製造され、きちんと検針されているかどうかをチェックしましょう。そして、かぶっているときに帽子がずれないよう、伸縮性があるかどうかも確認しましょう。また、見た目が医療用とは思わせない、控えめな色でカジュアルなデザインなら、治療が終わったあとも使いやすいのでおすすめです。

Copyright © 2017 帽子を被れば大丈夫|抗がん剤の副作用に悩んでいるなら All Rights Reserved.